お金を借りるなら、どこがいい?

お金を借りるなら、どこがいいの?

  • 生活費が足りない
  • 飲み会が続いて給料日までもたない
  • 欲しいものがあるけど、後少しだけ足りない
  • デート資金がもうちょっと欲しい

といったように、「お金が足りないから、どこからか借りたい」ということってありますよね。自分が予想をしていない、計画外の急な出費というのは良くあることなのですが、そんな時、どこからお金を借りるのが良いのでしょうか?


意外とシビアなのが友人

お金を借りる方法はいくつかありますが、意外とシビアなのが「友人から借りる」という方法。コンビニで10円足りないから借りるというくらいならそんなに問題にならないでしょうが、数万円となると話は変わってきます。(金欠)

お金の問題で友人関係が崩れてしまうということは良くありますので、本当に信頼できる友人意外には相談をしない方が良いでしょう。一番良い方法は、やはり家族ですね。今まで色々な経験をしている両親に相談をするというのが良いでしょうが、誰にも知られず、こっそりとお金を借りたいということもあるでしょう。

家族に余裕がなく相談をすることすら、できないということもありますし、働いていて安定した収入があるのに、更にお金が必要なのか?と逆に叱咤されてしまうかもしれませんよね。そこで誰にも知られずにお金を借りる方法ですが、

  • 銀行などの金融機関から借りる
  • すでに持っているクレジットカードを利用する
  • 消費者金融を利用する

といった方法があります。

急ぎではなく、すでに持っているのなら・・・

急ぎではなく、すでにクレジットカードを持っていて、そのカードにキャッシング機能があり限度額内で間に合うようであれば、クレジットカードのキャッシングを利用する方法が一番早いでしょう。クレジットカードならコンビニのATMから簡単にキャッシングすることができるので、周りからお金を借りているようにも見られません。

また普段給与振込などで利用している銀行では、カードローンを用意しているところもあります。この場合は申し込みをしてから審査を行い、審査に通ればお金を借りることができます。

審査からその結果が分かるまでに時間がかかることもありますので、急いでいる人は注意が必要です。そして気になるのが消費者金融。何となく銀行やクレジットカードと比べると後ろめたい感じがするのですが、借りたい状況によっては消費者金融の方が良いこともあります。それは一体どんな場合でしょうか?

少額でもお得に借りるには?

全ての消費者金融に限った事ではないのですが、お金を借りたい人が借入をしやすいように様々なプランを用意しています。

  • ○万円までなら無担保無利子
  • 初めて利用される方限定
  • ○日間無利息

というようなプランがあります。当然ですがお金を借りると金利が発生します。公式ホームページで金利を確認してみると分かると思いますが、「○%~○%」というようになっています。幅があるので自分が借りた場合の金利が分かりにくいのですが、一般的に少額の場合、金利が高くなります。

それとは逆に高額融資の場合は金利が低くなりやすいので、少額融資を希望する人はより良い方法を見つける必要があります。それが「○万円までなら無担保無利子」や「○日間無利子」といったものを用意しているところです。

安定した収入があるということは毎月決まった日にちにお給料が入るということですよね。そこから逆算をして返済日を考えれば、無利息でお金を借りることも可能なのです。

またインターネットから申し込みをすることができるので、外出先でも申し込みをすることができます。即日審査・即日融資というところもありますので、午前中に申し込みをして夕方にはお金を借りることが出来るということも可能ですよ。


更新情報